マイナンバー制度最新情報
経営改善計画
連結納税(有利・不利)判定サービス
FX4クラウドのご紹介
経営アドバイスコーナー
税理士法人NKC は
TKC全国会会員です
TKC全国会
TKC全国会は、租税正義の実現をめざし関与先企業の永続的繁栄に奉仕するわが国最大級の職業会計人集団です。
東京税理士会所属
東京税理士会 足立支部所属

資産税対策、資産運用

生前にやっておくと効果的な相続税対策には、ケースバイケースで様々なものが考えられますが、ここでは主なものを3つ取り上げてみました。

相続税対策その1:「生前贈与」

生前贈与とは、自分が生きている間に自分の財産を他人に分け与える行為です。
暦年課税贈与の非課税枠110万円を活用することや、贈与税の実効税率と相続税の実効税率の差を利用することで相続税と贈与税の税負担をトータルで軽くすることができます。

ただし、上記の節税対策にも注意事項は様々あり、ケースバイケースで効果にも差が出ます。 相続税対策は専門家の税理士に依頼することをお勧めいたします。

相続対策その2:「生命保険」

死亡保険金の非課税限度額を活用することでも相続対策は可能です。非課税限度額は、「500万円×法定相続人の数」になりますので、生命保険に加入していない方は最低この金額の終身保険に加入するといいでしょう。

相続税対策その3:「土地活用」

更地や駐車場である土地に賃貸アパートを建設することで、土地の相続税評価額を下げることが可能です。同じ土地でも評価を下げることで相続税の負担は軽くなります。
賃貸アパートには貸家としての評価減もありますし、さらに建設時に借入した場合には、相続時の借入金残高はマイナスの財産として相殺されますので総資産を圧縮し相続税の負担を軽減します。

ただし、ここでも注意事項はたくさんあります。そもそも賃貸アパート経営がうまくいかないことには単に損をすることで相続税の負担が軽くなることになりかねません。立地条件の検討や信頼できる建設会社・不動産管理会社の見極めが大変重要です。

NKCには信頼できる不動産の専門家である協力企業が多数ありますので、安心してお任せください。

*家族状況や所有財産、将来の贈与案を入力し相続税・贈与税の総額を試算できます。
相続税・贈与税の総額試算コーナー